皆さんは、お給料が入ったら、次のお給料日までどのように管理されますか?あるいはどのように使われますか?

「毎月一定額を会社の財形貯蓄している・・・けど生活費が足りなくて時々銀行から下ろしている」という方、「前月のクレジット決済に今月の給料を持って行かれる」という方、「年間予算を決めてやりくりしている」という方、様々いらっしゃることと思います。単身の方であっても、そうでない方であっても、お金の管理って難しいところがありますよね。今日は、私が毎月実践している、家計を上手にやりくりするためにやっておきたい3つのことをご紹介します。

大切なことは下記の3つです。

1)欲しいものを見つけた時、「自分がそれを持つと、気持ちがアガるのか」を考える。

2)レシートを受け取る。

3)家計簿をつける。

1)については、「人生がときめく片づけの魔法」(近藤麻理恵著)という書籍にもありますが、「自分がときめくものだけを残す」という方法を応用した考え方です。

お金の支出を管理するために「これはときめくものなのか、そうでないのか」と自分に問いかけるわけです。

2)レシートを受け取るのは、家計簿をつける方には必須アイテムですが、今回の場合は「自分でつかったお金を目で見て確認するため」です。

特に、クレジットカードや電子マネーでつかったお金は、すぐに自分の手元から出て行かないため、「ついつい使いすぎてしまう」ということが起こります。

3)家計簿は、クラウド上でも紙でも構いません。銀行で「1回15000円生活費」と細切れに下ろしていたものが、「今月は地味に70000円も使っていた」ということがないかどうかを1ヶ月単位で自分の目で確認していくためです。

どうでしょうか。お金の管理は、特にそれが苦手な方にとっては、向き合うのに心理的なパワーを要します。

しかし、どうせなら、生活していくのに必要なお金を、上手に活用していきませんか。消費者金融 審査