今や様々な職業が増えてきています。
スキルを問う会社はブラック企業だと言われるような社会になりつつもあるとか無いとか…。
資格を持っていればスキルが無くても簡単に職業に就けちゃう!なんてことも有りかねません。
はっきり言ってしまえば、むしろ実際はそうなのです。
なぜそんなことが言えるのか…?
その話をこれからお話します。

突然ですがホームレスを話題に出します。
ホームレスが昔と比べて減ってきている…?
もしくは「私の地域では見ないよ」と意見が聞こえませんか?
その通りなのです。ホームレスは減っています。
その理由とは勿論、「ホームレスを無くそう企画」で地下鉄等の出入り時間が決まり夜中から朝方(通常の熟睡時間)は建物の中に入れないようになった。
この事によってホームレスが冬を越せなくなった。
また、職業に就けなくても就けない人向けの大人の施設がありそこでお仕事をさせて頂ける。お給料も充分に貰え、自立できる支援が出来た。
これらによってホームレスが減ったと考えられます。
しかし、その他にも理由があるのです。
その理由が…
簡単に職業に就ける なのです。
資格が無くても能力が高ければ採用してくれる社会になりつつもあります?
しかし、これらによって犯罪を起こしてしまう人間がいる。

簡単に採用=人材をよく確認しない場合もある。

面接だけでは人材を分析するのは難しいですよね。
しかし、今は良い職業に就けているのにも関わらず犯罪を起こすニュースが絶えない。
今は昔に比べて良い職業の方が犯罪を起こすことも多い。昔はあまり無かった。
そうなのです、いくら面接で人材を分析するのが難しくても昔の人はそれが出来ていたのです。
だから犯罪を起こすような人は採用しなかった。
よって、
簡単に職業に就ける社会をもう一度見直すべきである。

また、最近のドラマでは「警察署が女子高生と恋愛」
のような夢を持たせてくれるドラマが多くなった。
しかし、犯罪を起こすような人間が簡単に職業に就いているとニュースで取り上げられた、逮捕された犯罪者の警察官のようなかっこ良い職業に就く人間も犯罪者として出てくる。
学校教師の犯罪者のニュースも多くなってきている。銀行カードローン 審査基準
これら犯罪者が増え続けない為にも…
簡単に職業に就ける社会を見直すだけでなく夢を持たせるドラマ作成者もやりすぎないや、「真似や勘違い注意」等の警告などを「これはフィクションです」と一緒に詳細して貰う等をしていくことが世の安全性に繋がっていくのではないか。と思います。