ヤフーニュースの経済欄に台風によるJR北海道の被害は40億円に上り、線路の普及は年を越すとのことが載っていました。ほとんど台風が上陸したことのない北海道なので、台風の被害の備えはなかったことのためなのでしょう。この台風の被害は農産物にもいえます。今頃収穫される玉ネギやジャガイモが水に浸かって収穫できなくなっていますし、水が引いたとしても売り物にはならないようです。そのため北海道から大量に入ってくる東京の市場では玉ネギやジャガイモが値上がりしています。
その農産物のほとんどが貨車輸送されます。貨物はJR貨物が扱っていますが、JR北海道の設備を使用しています。そのJR北海道の被害が甚大なので復旧しても、運行できるのかという問題がでてきたようです。
北海道は人口蜜度が低いため鉄道輸送が維持できる線は少ないようです。台風の被害のため余分な費用が発生して持続可能な交通体系を維持できなくなってきているようです。今後鉄道体系をどうするのかを住民と考えなければならないとのことです。維持するにしても多額の費用がかかります。その費用を誰が負担するのか、またどういった交通体系が北海道に良いのかを考えることになってきたようです。即日キャッシング大辞典!あなたが今すぐキャッシングするには?